×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

携帯サイトはこちらリンク先でページ更新を必ずしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参加者一覧
(50音順敬称略)
代表作へリンクしています
 天崎剣
 あんこだま
 あんのーん
 eleven-9
 梶原ちな
 北加チヤ
 光太朗
 こっこ
 サイレンス
 雑草生産者
 椎野千洋
 takao
 藤野朔夜
 ハシルケンシロウ
 牧屋美邦
 マグロ頭
 yoshina

読者の方へ

投票は締め切りました。ご参加ありがとうございました。
お気に入りの作品がございましたら、企画/BBSへ寄ってください。
作者名を開示しております。


プレ開催テーマ - 雨 -

目次ページへはこちらから→目次
各作品へは下記リンクからどうぞ!

参加作品一覧

No.01 「めぐりめぐってめぐるもの」
妻を失い、生きることに専念する父親。妊娠し、結婚を決意した娘。
父と娘、二つの視点から描かれる、めぐりめぐる一つの物語。


No.02 「雨はこの穢を、洗い流してくれるのだろうか」
俺と彼女は約束したんだ。この雨に汚れた血を洗い流そうって。
ほんとに、ただそれだけだった筈なんだ……。

No.03 「訪れる人」
優しい雨の午後、老女の茶室を訪れたふたりの客人──
雨が上がるまでの、ひとときのお話です。


No.04 - 公開終了 -
※管理人注※
この作品は作者様のご意向により公開終了となりました。
何卒ご了承願います。

No.05 「Under the Sun」
学校帰りに突然の雨に遭った中学二年生の少女・翔(かける)。
誰もいない神社で、見知らぬ青年と雨やどりすることになってしまい、何かされるのではないかと緊張していたが……。
少女と青年のほのぼのストーリー。

No.06 「恋の空模様」
あの人に会えるのは、雨の日だけ。
ある梅雨の日々、とある女子高生の、ささやかな恋模様。


No.07 「骸の雨に花が咲く」
異形の雨が降り注ぐ世界。それを打ち砕く高機動兵器『人傘』。
人傘を作る換装技師の青年は、今日も独り、ため息混じりに暗雲を見上げていた。 そして彼の傍らに『彼女』が現れる……

No.08 「Early summer rain」
大学四年になった僕は高校最後の年、ケンジと走り、あの日気まぐれな五月雨が降っていた事を思い出す。
あの日と同じ、気まぐれな五月雨の降りしきる山林の車道を僕は行く。同じ時間に追いつく為に。

No.09 「一面の雨」
雨は何にでも、平等で均等。雨は決して嫌いではない。
でも、そんな日に結城亜矢華が見てしまったものは……。
救いはあるの?悲しい恋愛話です。

No.10 「雨を降らせたのは誰?」
彼女は問う。誰が雨を降らせたのか?
絶望は心を彩る。彼女は甘い蜜を吸って笑う。


No.11 「空色パラソル」
傘好きの莉子が夕立の中見かけたのは、傘嫌いの勝史。
ずぶ濡れになって歩く彼の背中が気になって仕方ない。
勝史が傘を差さない、本当の理由を知りたくて、莉子は必死に追いかけ始めるのだが……。

No.12 「アマゴイ」
私はお隣さんと天気の話をする。雨が降らないと困ると。
真夏のある日。ほのぼのとした私とお隣さんの会話。


No.13 「未来への絶望」
ある女子高生の絶望したお話


No.14 「かみさま。」
灰色に濡れた家。赤く点滅するランプ。すべてを奪い去る雨の音。
この胸がふるえるとき、それは神様からの合図。


No.15 「彼と彼女と夏の雨」
OLの彼女には同棲し始めた愛する彼がいた。
しかし浮気性の彼はそうはいかなかった。
その彼が急におとなしくなった時、彼女は……

No.16 「つゆひめおに―桃太郎異説―」
昔話・桃太郎に出てくる姫を視点にした、全く別物の話。
ちなみにタイトルは言葉遊びです。


No.17 「鎖雨樋」
雨の音がする。家の中、街の中、私の記憶の中。
しとしとしとしと。しとしとしとしと。
長らく降り続くこの雨に終わりはあるのだろうか。
鎖樋を伝う水の行く先。

No.18 「君は知らない」
主人公・拓と同級生・文月の、雨宿りの情景。拓は自分の気持ちを彼女に届けることができるのか。
――毎日顔を合わせる。それだけで良いと思っているのに、時々苦しくなる。こんな想いを、たぶん君は知らない。

Copyright(C) 覆面絵師